《デリヘル攻略》事前に待ち合わせをしてからチェックイン

デリヘルでラブホテルを利用する時にはご注意ください。
部屋へ直接呼ぶのではなくラブホテルの駐車場やロビーなどで待ち合わせをすることもあります。
一般的なデリヘルというのは、ホテルに限らず自宅にまで女の子を派遣してもらうことが可能ですがあまりオススメは出来ません。
個人情報で最も大切な自宅の住所が知られてしまい、悪質な業者の場合、情報が流出してしまう恐れがあるのでご注意ください。
デリヘルを利用する時には、ラブホテルに女性を呼ぶことも一つの方法となります。
ただこの時の問題としましてラブホテルの場合には、男性の一人のチェックインができないことも考えられるのです。

 

ラブホテルには、実に様々な配慮があって、それはホテルにより異なっています。
男性一人で問題のないラブホテルももちろん多くありますが、禁止をしているホテルもあるのでご注意ください。

 



《デリヘル攻略》事前に待ち合わせをしてからチェックインブログ:210304

「背中を洗ってくれないか」
と、お父さんに言われた。
このお父さんというのは、実は奥さんのお父さんである。

おれは一瞬戸惑ったが、
「え?!あっ!はいっ」
と言いながらタオルを構え、お父さんの背中にあてがった。

初めてお父さんの背中というものに触れた。
なんか丸っこくて大きくて、何だかゴツゴツしている。

上手に洗ってあげようと思えば思うほどうまくいかない。
タオルがねじれてしまう…

今度はお父さんがおれの背中を洗ってくれるらしい。
おれは静かにお父さんに背を向ける。

お父さんは、なんていうか、力加減を知らない。
すごく力強くて、体についている必要なものまで
洗い流されてしまいそうな感じ。

思わずおれは、身をよじってしまった。
「すまん」お父さんは申し訳なさそうに、
「息子の背中を洗うのは難しいな」と言った…

おれは物心のついたころから、
女手ひとつで育てられてきた。

我が家にお父さんがいないことを悲しがらなかったのは、
お母さんの育てかたが上手だったからだと思う。
溢れんばかりの愛を注いでくれたので、
おれはとても幸せだった。

とは言え
お父さんのことを思わなかった訳ではない。

ただ、そのときおれがイメージするものは
どれも好感の持てないものばかりだった。

無口!ガンコ!厳しい!
正直、「お父さんは怖い」という印象しかなかった。

そんなおれに父ができたのは、
おれが結婚をしたからだ。

奥さんのお父さんは、おれにとって不思議な存在だった。
格好なんてつけない。不器用だけどまっすぐ。褒められると照れ隠しする。
大きなお世話なことばかりする…

おれは、お父さんというものに対する印象が
まるっきり変わった。


ホーム サイトマップ